キャッシング即日、利用する際に知っておきたいポイント

銀行と消費者金融のカードローンの審査通過率について

カードローンでお金を借りる時に最も気になるのが審査に通るかどうかと言えます。カードローンは銀行、大手消費者金融などサービスが会社により異なり低金利や無利息期間が長い金融会社が人気がありますが、お金を借りることが出来ないと意味がないのです。

ですが審査が甘くて通りやすいカードローンは存在しません。審査が甘いと宣伝している業者はヤミ金といった悪徳業者なのでお金を借りることが出来ても違法な金利で返済をする必要があり、返済が滞ると会社にまで返済を要求する電話がかかってきます。だから絶対に違法業者からお金を借りないようにして下さい。

正規の金融業者は審査に一定の基準が設定されていて、その基準が個人信用情報の照会とスコアリングと言えます。貸金業者は貸金業協会に加盟し貸金業法に基づき融資をしています。審査時には個人信用情報を確認し申込者の債務の残高、返済状況、滞納の有無、自己破産、債務整理を調べた上で審査を行います。

さらに貸金業法においては総量規制に定められている年収の3分1までの金額しか借りることは出来ません。だから総量規制の上限までお金を借りていないかどうかをチェックするのです。信用情報を確認し問題が無いと判断すればお金を借りることが出来ます。

信用情報を確認し破産情報、債務の残高、返済状況に問題がない場合はどこでもお金を借りることが出来るのかと言えばそうではないのです。カードローンは金融業者により審査通過率が違います。同じ人でも某カードローンに落ちても、別のカードローンの審査に通る場合があります。

審査通過率が高い金融業者を選んだ方が当然融資を受けられる確率が高いので、事前にネットで確認しておくといいでしょう。最も審査の通過率が高い大手消費者金融は47%から48%の審査通過率です。

つまり申し込みした人の半分が審査に通過しているのが現状と言えます。それに対して銀行カードローンは大体通過率は15%から20%程でかなり通過率が低いと言えます。

キャッシングはいざという時に便利なサービス  ・キャッシングについて  ・借金があることを隠しますか?  ・銀行と消費者金融のカードローンの審査通過率について

このページの先頭へ